<< どんな生活をしているかイメージつくでしょうか? | main | 気分転換も必要! >>
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | | - | by スポンサードリンク
  • 活動って難しい・・・

と、悩んでる昨今ですが・・・


昨日!!!!!!!気持ちが癒された出来事があったの!

友達の活動を見に行って終わりかけた頃・・・大雨!!!

子供は、雨が流れる側溝で皿を洗うわ・・・
雨に任せて鍋を放置するわ・・・

「自然の力」を実感。 
 

そんな雨も少し待って止んだ頃・・・


こーーーーーーーーんなに、ステキな虹を見たの!!!!


納まらなくて、ポラロイドだよ!


こんなにはっきり見たの生まれて初めてで、、、感動!!!!
としかいえなかったよ。

癒された〜!!!


さてさて、、、、
活動ですが、、、

ほぼ”小学校教師”として活動?しているんだけど・・・

そもそも協力隊って、職種という形で活動が大きく分けられるんだけど、
自分の場合は「青少年活動」でね、まぁ簡単に言えば、
”子供とたわむれよう!”って感じで、自分の特技とかを好きに使って
幅広く活動するのが普通だったりするのね。

ある人は、歌やダンスや手芸やら・・・

そんなやり方を描いていたんだけど、、、今回の自分の要請については、、
少しその通常からズレて、、、、ほぼ、やってることは「教師」。

教科書があり、、、、教えることが決まっていれば、テストもある。

内容もマラウイ独特で、こんなのエキスパートなわけじゃないし!!!怒

と思う内容ばかりで、こっちも教えるのに苦労。
いまいち、何を教えたいのかトップの考え方がわかんない・・・

「青少年活動」とは言え、会社にいるような感覚を日々覚えます。。。

国レベルでなんとかしてくれないと、動けないよ、、

って日々葛藤・・・(;_;)

たとえば、手芸の授業があるのね。
日本だったら、一人一人裁縫セットを買うと思うんだけど・・・
それも、デザイン何種類あって、誰が何の柄だなんだで、、、、
それもまた日本は恵まれていて、そこにも選択肢があるっていうね・・・

こちらマラウイ。

支給はもちろんないわ、個人が持ってることも限られるわ・・・
布だって買えない。。

だって、制服買えないくらいの状況で、そんな余裕ないっての!!!怒
音楽の楽器だって、所詮ヤギの皮で作ったドラムしかなくて・・・

マテリアルの不足もいいところだし、
何って、やっぱり、音楽・体育・美術みたいな教科って、

【生活にゆとり】

がないと、できるもんじゃない。

・・・

うん、本当にそう感じる。

「スポーツを通してチームプレーの大切さを教えたい。」

みたいなこと思ってたけど・・・


こちらマラウイ。

【生きることに必死】

誰が生き抜くかのこの世界、譲り合ってたら自分が死んじゃう。

列だって並べないし、意見は”自分自分”で人の意見なんて聞きやしない・・・

本当、道徳のかけらもない。

でもね、これって子供のせいじゃないの。

よく、学校でこんな毎日にイライラして、
「あ”−−−!!!もぉーーー!!!」
って怒れるんだけど、、、、

子供だって、親から学んでないことばっか。大人に教わったわけでもない。
だって大人ですら、子供と同じ。

彼らにはそういった、日本じゃ当たり前と思っていたことがさっぱり・・・


常識なんて、結局自分が持ってる単なる”イメージ”に過ぎないんだ。
って本当に感じた。

日本人の感覚に感動。日本人ってスゴイ!!!!!

日々、日本のすばらしさを感じては、帰国したくってしょうがないよ。。。


この感覚の違い、学校という組織が自分ひとりじゃどうしようもなくて、、
今は悩んでいます・・・

そう。クラブ活動もね、やるべき活動なんだけどね。。。
先生も余裕もない。

だって、学校が終わってからも
水汲みに、手洗いの洗濯・・・
電気のない生活だから、、、一日にすべきことって、太陽の許す限り。。

そんな彼らの生活を考えると、クラブ活動を一緒にやろうだなんて言えない。。。

難しいです・・・トホホ



でも、最近はこんな時間の過ごし方もしてるんだ。

何だと思う?

生徒が学校後、我が家にノートとペンを持って、英語を勉強しに来るの。

説明するとね、、
彼ら、15・17才でうまくいっていれば高校に進学してるハズなんだけど、、
マラウイではいろんなバックグラウンドにより、進級のスピードは様々。

彼らは10歳の生徒もいる教室で学んでるんだけど、なかなか年頃の男の子、素直じゃなくって、、、取り残される一方・・・

そんな彼らが、自分を頼って英語を教えてほしいって来てくれて。
I/my/meから今教えてます。

毎日来て、日々彼らの成果が見れるのが今は楽しみでもあって。

活動外ではあるんだけど、クラブ活動も無理にやらなくてもコレもありかな。
って思ったりもしてね。


形にこだわらず、少しずつかなって、、、
悩みながらも頑張ろうと思ってるところだよ。


さて、もう一つ、
こないだ10校があつまって、EducationalDayというイベント?
がありました!

まぁ、マラウイらしい。

並べず、大混乱。



そんな中でしたが、、、
我がクラスから出し物を一応無事やりきることができました!

こんな感じ!

生徒の量にビックリじゃない????笑

マラウイのチテンジという布でドレスを作ったのでそれを着たよ!


まーー、、、イベント自体はいまいちだったけど、とりあえず終了です。。


あと、10校の内1校しかまだいけてなかったんだけど、数校回ったの!
いろんな現実を目の当たりにして・・・

複雑。


青空教室って、、、ホントにあるんだね。。。

でも中にはちゃんと工夫もしてね。

↓↓↓↓↓


外なのに、レンガや木の枝とかで作って、太陽を避けるようにして・・・

教室なくても、、、
・・・

すごいなって思う限りだった。

こんな状況で自分に何ができるか、、、また悩むよね・・・





THE 協力隊 な日々を伝えられたかな?
こんな感じです!!!!!!!!!!!!!!!

  • スポンサーサイト
- | - | - | 21:22 | - | by スポンサードリンク
|| コメント
  • 2010/11/16 9:39 PM
  • posted by: ぁこ
テレビの中だけの世界だと思ってたケド現実なんだ〜って改めて感じた!!
いろいろ苦労もあるケド、新しい発見、方法も見つかって良かった(^^)

虹めちゃきれ〜☆次のレポも待ってるね♪
  • 2010/11/18 10:41 PM
  • posted by: まちこ
美優、いつも現地に行って体験しないとわからないこと伝えてくれてすごく勉強になってるよ。ありがとう。
理想通りにいかないこといっぱいあると思うけど美優がやってる様に、できるところからちょっとづつやっていくやり方でいいんだと思う!相手の立場とか状況ちゃんと考えた上でその中でできる事考えて悩んでるのも直接現地に行ってる美優だからこそできるんだよね。
あたしだったらそっちの方が理想押し付けてくる先生より断然信頼できるな。

ってか敦子と話してたんだけど現地の子に英語教えてるってことは美優現地語しゃべってるの!?いつの間にー!!
  • 2010/11/25 2:53 PM
  • posted by: KENZI
「形にこだわらず,
少しずつ」って言葉はだいぶ成長って感じだな。
こだわるとトラブル多くなるからな。形はどうであれ楽しく元気な日々であれば何も残さなくてもいいよ。
  • 2010/11/25 8:39 PM
  • posted by: みゆ
>あこ
読んでくれてありがとう!うん、日々色んな発見だよ、大変だけど、これは修行です。。日本にいるみんなにも少しでもこういった問題を考えてもらえるようにこれからも伝えていきたいな!

>まちこ
いつもコメントありがとう!一緒になって考えてくれてありがとう!まだまだ難しいこともたくさんだけど少しずつがんばってくよ!現地語は・・・簡単な会話程度だよ。。ジェスチャー様々だよ!!笑
>KENZI
ほんと少しずつだよ。。あまりに日本と違うから・・・ゆっくりやってくよ。手紙と写真を家に送ったよ。

  • 2010/11/25 9:52 PM
  • posted by: みゆ
>あこ
読んでくれてありがとう!うん、日々色んな発見だよ、大変だけど、これは修行です。。日本にいるみんなにも少しでもこういった問題を考えてもらえるようにこれからも伝えていきたいな!

>まちこ
いつもコメントありがとう!一緒になって考えてくれてありがとう!まだまだ難しいこともたくさんだけど少しずつがんばってくよ!現地語は・・・簡単な会話程度だよ。。ジェスチャー様々だよ!!笑
>KENZI
ほんと少しずつだよ。。あまりに日本と違うから・・・ゆっくりやってくよ。手紙と写真を家に送ったよ。

  • 2010/11/25 9:54 PM
  • posted by: みゆ
>あこ
読んでくれてありがとう!うん、日々色んな発見だよ、大変だけど、これは修行です。。日本にいるみんなにも少しでもこういった問題を考えてもらえるようにこれからも伝えていきたいな!

>まちこ
いつもコメントありがとう!一緒になって考えてくれてありがとう!まだまだ難しいこともたくさんだけど少しずつがんばってくよ!現地語は・・・簡単な会話程度だよ。。ジェスチャー様々だよ!!笑
>KENZI
ほんと少しずつだよ。。あまりに日本と違うから・・・ゆっくりやってくよ。手紙と写真を家に送ったよ。










|| トラックバック